注文住宅ができるまで

ヨシダホームでは、お客さまのライフスタイルに合わせた最適な住宅を、基礎から施工まで全て自社で施工しています。永く愛される住宅づくりで一番大切なのは基礎工事。こちらではその流れをご紹介します。

着工前の土地です。この後、願いを込めて地鎮祭を行います。

基礎工事の一日目です。

重機で穴掘り(根掘りと言います)です。

基礎底にはこんなにも砂利をしっかり厚く敷きます。


ポンプ車と生コン車が現場にセットされたら鉄筋コンクリートの基礎をつくるときです。

基礎の外側には断熱材がついています。

基礎工事完了です。

このあと、大工さんの出番です。


基礎と土台を専用の金物で緊結し、右の写真のように組み立てます。

防腐土台の上に、1階床の骨組みができました。

オレンジ色は防腐剤の色です。

1階の骨組みの作業はこんな感じです。


1階の壁の骨組みが出来ました。

2階の床の骨組みが出来ました。

2階の屋根と壁の骨組みが出来ました。


家の大きさがよく伝わります。

木造住宅の骨組の出来上がりです。

骨組みが出来上がると、屋根・窓・外装など外部優先で作業を進めていきます。

屋根の合板が張りあがりました。

このあと防水紙を貼り、屋根トタンが仕上がります。


屋根の防水紙がきれいに張りあがりました。

外装材を張る直前の状態です。

外装材をとめるのに細い木がたくさんついています。(空気層ができます。)

沢山の金物もついています。

耐火用の石膏ボードを張り、内部の大工さんの作業も終盤です。ドアがつくと部屋が出来上がります。

柱の外側には丈夫な合板を全面に張ります。

家の形がはっきりしてきました。

外装工事完了です。外装はサイディングが一般的ですが、他にも金属板の「ガルバリウムサイディング」や、塗り壁仕上げ、タイルなどの外観・外装コーディネートは豊富です。ご相談ください。

天井の下地の写真です。天井の上にも壁と同様、断熱材を入れています。

内装が仕上がると、照明や設備配管・機器類の取付です。

照明をつけた部屋を見るのも楽しみ。

防水シートを全面に張ります。

赤く見えるのが断熱材です。

外側の壁全面に断熱材は入ります。

壁紙を貼る直前の状態です。内装が仕上がるのが待ち遠しい時期です。